寿命と交換頻度について

アイランド04点火プラグの電極は、火花放電によって放電しやすい所から消耗します。特に電極はより高温になる為に酸化によって消耗します。
この消耗を少なくする為には、ニッケル合金や白金・イリジウムなどの素材の物を使用すると、細い電極でも長持ちします。エンジンの種類や条件によって一定ではありませんが、一般プラグ場合走行距離につき約0.1mmから0.15mmが範囲です。正しく使用してもプラグは消耗品なので、定期的な交換が必要です。この交換の目安としては、一般・白金・イリジウムの各プラグは、4輪なら15000Kmから20000Km、軽4輪なら7000Kmから10000Km、2輪なら3000Kmから5000Kmで、白金とイリジウムの各プラグの長寿命タイプのものは、4輪で100000Kmになります。
上記に記載されたものは目安なので、両極性電源採用車や重たい荷物を頻繁に運ぶ、チューニング車、排気量により消耗度合いが異なりますので、頻繁に車に乗る方は必ず点検を受けて正しくプラグの交換を行って下さい。
また、プラグのくすぶりやねじの首折れ、火花ギャップの潰れや点火部不具合などの症状が見られる場合には、早急に対処する必要があるります。

最近の投稿