自動車取得税について

}PgžxQ自動車は、行動範囲を広くするとともに、生活の利便性を高める優れた乗り物です。地方では決して贅沢とは言えない必需品となっていり、今後も我々の生活に不可欠な道具であり続けるでしょう。しかし排出されるガスや二酸化炭素が地球温暖化、空気汚染を加速させているという問題も無視できません。
現在政府は、燃費性能が優れているもの、排出ガスが少ないものに対しては税制優遇を行なっています。エコカー減税もその1つです。エコカー減税は、その性能に応じて重量税、取得税を軽減あるいは免除する制度です。重量税は重さに対して、取得税は取得することに対して課される税金です。
一方、毎年所有していることに対して課税される税金も、燃費や排出ガスの性能によって軽減されています。グリーン化税制によるものです。排ガス規制をクリアしていることが条件で、燃費基準の達成率によって50%、75%の軽減が適用されます。一方で新規登録から13年以上経過したマイカーを所有している人に対しては、税金が割り増しとなります。新しい商品ほど性能が良いため、買い替えを進めることが狙いです。毎年課せられる税金ですので、割り増しは負担増となります。
自動車取得税は、電気、燃料電池など、ガソリンを使わないものは非課税となります。

最近の投稿