ホイールバランスとは

椅子と観葉植物ホイールバランスは、タイヤを装着した状態の時のホイールの重さのバランスの事で、高速回転しているタイヤとホイールの重心が中心にくるように調整します。
タイヤやホイールは、精密には真円ではなくアンバランスな状態で、タイヤとホイールを組み付けただけで走行すると、ホイールの回転時に遠心力が発生し、高速走行時などでハンドルが回転方向に継続的に振動するシミー現象や、特定の速度で低周波振動が発生してハンドルや車体などに異常振動や異音が起こるシェイク現象や、タイヤの異常摩耗などが起こり危険を伴います。
ホイールバランスの調整方法は、ホイールバランサーという専用の機械で測定し、バランスウェイトという錘をホイールに取り付けて、ホイール重量のアンバランスな状態を打ち消しながら修正します。
バランスウェイトは、ホイールのリムフランジに金具で取り付ける打込み式と、両面テープなどで装着する貼付け式があり、ホイールのデザインなどによって使い分けます。
ホイールバランスは、新品のタイヤ交換時は調整されていますが、タイヤの摩耗などによって少しずつバランスが崩れていきますので、異常振動や異音、タイヤの編摩耗などの症状が起きた場合はホイールバランス調整も視野に入れる必要があります。

最近の投稿