運転免許制度と交通反則通告制度とは

運転免許制度とは、運転に向いていると判断され、交通法規に関する知識と運転技術を兼ねそろえた人にしか付与されない制度のことを言います。免許の区分は3つあり、自家用車を動かす第一種、バスやタクシーなどの営業用の車を動かす第二種、実地練習などで公道を走らせるときに必要な仮免許の3つです。運転免許制度に関する試験ではよく出題される部分としておなじみです。第一種免許の種類も豊富にあり、車両別に8種類、牽引免許を加えて、9種類の免許が存在します。

一方、交通反則通告制度の特徴としては、自動車などを運転中に犯した比較的軽い交通違反に関して、その違反行為について、刑事処分ではなく、反則金の納付によって処理し、訴えを起こさないようにする法制度をいいます。ここでいう軽い交通違反とは、一時停止違反や駐車違反、30キロ未満のスピード違反などが対象で、通称青キップともいわれています。例えば、30キロ以上のスピード違反や、酒気帯び運転、当然のことながら交通死亡事故などはこの対象ではありません。

青キップを切られると、反則金の仮納付書が付与され、期日内に反則金を支払う必要があります。支払わないと、後日交通裁判所などに呼び出しを受けることになるので、期日内に必ず払うようにしましょう。赤ちゃん05

最近の投稿