運転免許の仕組みとは

日本の道路交通法では、公道で自動車あるいは原動機付自転車を運転するためには、公安委員会から運転免許を受けていなければならないことが明記されています。日本の運転免許には大きく分けて2種類あり、「第一種運転免許」と「第二種運転免許」があります。第一種運転免許は、自動車や原動機付自転車を一般的な目的で運転する際に必要な免許です。日頃私達が通勤や買い物、レジャーなどの目的で自動車などを運転するときは、この免許を取得していれば問題ありません。また、運送業などで自動車を運転する際もこの免許を持っていれば問題ありません。一方、第二種運転免許はバスやタクシーなど、「旅客自動車」と呼ばれる自動車を旅客運送のために運転する場合、あるいは運転代行の業務で自動車を運転する場合に必要な免許です。簡単に言えば、運賃を徴収して客を送り届ける仕事に就く際に必要な免許です。バスやタクシーの運転手は、この第二種運転免許を必ず持っていなければなりません。ただし、同じタクシーでも営業所までの回送として運転する場合など、「旅客運送」を伴わない運転の場合は第一種運転免許で運転出来ます。このように、日本の運転免許は目的別に2種類に分かれているのです。赤ちゃん06

最近の投稿