中古車購入時に必要な手続きの流れ

中古車購入時に必要な手続きは、まず「駐車場の確保」です。
駐車場がないと、車を停めておけませんから、早めに探しておきましょう。
私有地を持っている場合でも、駐車スペースがなければ、やはり別に駐車場を確保しなければなりません。
集合住宅に住んでいる場合は、管理会社などに問い合わせるのが早道です。
その後、販売店に行き、欲しい車が見付かったら、「売買契約」を締結します。
まず必要なのが、実印と印鑑証明です。
ケースによっては、住民票を求められることもあります。
すべての書類が揃ったら、「名義変更が行われているか」「車体番号は正しいか」などをチェックします。
売買契約が締結できれば、代金を支払います。
現金で買う場合は、「その場で渡す」「口座に振り込む」という二つの方法があります。
ローンで買う場合は、ローン契約が必要となります。
そして、忘れてはいけないのが、「任意保険への加入」です。
代理店を兼ねている販売店もありますが、別の保険会社を探しても問題はないので、どちらのほうが有利かを勘案して決めましょう。
これらが終わったら、いよいよ納車です。
販売店から連絡を貰ってから受け取りに行きますが、自宅に届けてもらうとなると、別枠で費用がかかることもあります。–¼Ì–¢Ý’è-2

最近の投稿