テンパータイヤの特徴と向いているシーン

ひまわりテンパータイヤとは、一時的な、当座のといったことを表す英語temporaryから付けられている通り、何らかのアクシデントが起きた時に、そのタイヤに換えて走行する緊急用、もしくは応急用のものです。径も小さく細いので、走行可能な距離や速度には制限があります。スペアタイヤはその車に標準装備されているタイヤと同じサイズが載せられていますが、テンパーは違います。同じく応急的に使いますが、「同じ」とは言えません。ただし会話の中では「スペア」と言われることもあります。パンクしてしまった時など、パンク修理や新しいタイヤに交換するところまで行くために走行する程度しか走れないと考えてよいでしょう。ホイルの部分も黄色などに塗られ、一目でそれとわかるようになっています。このような応急用のタイヤはどの車にも以前は常備されていましたが、今では車重を減らし燃費を向上させるために、載せられていない、もしくはオプションで購入といった車が増えました。「パンク補修材」などが装備されていたり、ランフラットタイヤにしているなどで、その必要性を削減しています。しかしバーストなどを起こせばパンク補修材ではどうしょうもありません。またランフラットタイヤを使用している車自体がまだまだ少ない状況です。テンパーもしくはスペアを載せておくと安心です。

最近の投稿