初心運転者期間制度とは

運転免許を取得後、1年未満の者による事故が多く発生しているという理由から、1985年(昭和60年)より「初心運転者期間制度」が設けられました。この制度の対象となるのは、原付免許、普通二輪免許、大型二輪免許、普通免許を取得してから1年未満の者です。免許の種類ごとに、取得後1年間は「初心運転者期間」とされます。したがって、原付免許だけを保有していた者が、のちに大型二輪免許や普通免許などを取得した場合、その者には改めて初心運転者期間が適用されます。
さて、この初心運転者期間中に、交通事故や交通違反などによって、違反点が基準点数に達したものは、再試験を受けなければなりません。この「基準点数」とは、違反の合計点が3点以上の場合、または、1回で3点となる違反をした者が再び違反をして合計4点以上になった場合、または、1回の違反や事故で4点以上になった場合のことを言います。このような基準点に達した初心運転者は、再試験を受けなければなりません、そして、この試験に合格しなかった場合、またはこれを受けなかった場合、運転免許は取り消されます。ただし、再試験を受ける前に「初心運転者講習」を受講することが可能です。これにより、再試験は免除されます。しかし、初心運転講習の受講後、初心運転期間中にふたたび再試験の基準に達した場合には、今度は必ず再試験を受けなければなりません。この再試験で不合格の者、またはこれを受けなかった者は、やはり免許取り消しの処分を受けます。赤ちゃん09

最近の投稿