スペアタイヤレス仕様車の特徴と通常車との違い

宇宙02エコポイントが導入され、省エネがもてはやされている現代では、低燃費タイプの車の人気が加熱しています。走行性能自体を高めるのと一緒に、車体の重量の軽量化にも注目され始めました。そんな中、スペアのタイヤに関しては使用する確率も低く、最悪一度も使用しないで廃車へ…というケースも少なくありません。加えて重量が5kg以上もあることから、スペアタイヤレスが導入される背景へとつながります。
各社よりスペアタイヤレス仕様車が発表されました。スペアタイヤをなくすことで、車体の重さが軽くなり低燃費が実現しました。更にタイヤ分のスペースを収納部にして、車内の有効利用も可能となります。しかし、スペアのタイヤがないままではパンクした時にどうにも立ち行かなくなるため、かわりに万が一パンクをした際一定の距離を走行可能なランフラットタイヤを装備した車両もリリースされました。
但しデメリットもあり、ランフラットタイヤ自体の値段がまだまだ高いのが欠点です。そこで解決策として、パンクの修理用工具と、シガーライター接続方式のエアコンプレッサーの装備が挙げられます。この方法の良い点は工具類が個人にも扱え、修理可能な事です。デメリットは、あくまでも応急処置のため本修理の際は、タイヤをホイールから外して、双方を洗浄してから再装着という手間がかかってしまう点にあります。

最近の投稿