正常な運転ができない場合って?

正常な運転ができない状態で起こした事故に自動車保険は適用されるのでしょうか。
例えば、無免許運転、飲酒運転、麻薬等の薬物使用運転などのケースです。これらは違法行為ですので法律を破って運転した際に起こした事故は自業自得と判断されます。ならば自動車保険で補償されないのではという疑問も残りますが、これに関してはイエスともノーとも言えるでしょう。

 
自動車保険はいくつもの補償を組み合わせて一つの保険を契約する仕組みになっており、他人へかける補償と自身にかける補償に大別できます。
他人にかける補償は対人賠償保険や対物賠償保険で、自身にかける保険は自損事故保険、人身傷害保険、搭乗者傷害保険、車両保険などです。このうち、加害者が上記のように正常な運転ができない状態で事故を起こした場合、自身にかける保険は適用されません。しかし、他人にかける保険は適用されることになっています。

 

つまり、被害者へのみ補償されるということになるでしょう。
そもそも自動車保険は被害者への賠償を目的に存在する損害保険ですので、なにがあっても被害者は補償されると思って問題ありません。しかし加害者に関しては、自動車保険が使えないどころか罰金又は懲役刑の罰を受け、尚且つ健康保険を使っての治療すらできないことになっています。

 

 

 

 

 

最近の投稿