オフセットについて

椅子と絵画と花ホイールに表示されているオフセットは、2008年7月11日から国際基準に基づいて名称が変更になり、インセット、ゼロセット、アウトセットの3種類の名称で使い分けて呼ぶようになり、現在オフセットという言葉は使われていない状況です。
インセット、ゼロセット、アウトセットは、リム幅側から見たホイールの中心線とディスク内面との距離を表していて、単位はmmで表示されています。
ホイールの取り付け面が中心線よりも外側にあればインセットと呼び、ホイールの取り付け面が中心線上であればゼロセットと呼び、ホイールの取り付け面が中心線よりも内側にあればアウトセットと呼びます。
クルマの種類によってインセット、ゼロセット、アウトセットの量が定められていますが、ある程度の許容範囲があり、インセットの数値が増えるとホイールは内側に移動し、アウトセットの数値が増えるとホイールは外側に移動しますが、インセットが大きくなるとサスペンションなどとの干渉や、ハンドルを切った時に内側と干渉する恐れがあり、アウトセットが大きくなるとフェンダー部に干渉して車検に適合しなくなります。
また、停止状態でどの部位とも干渉しなくても走行状態によってサスペンションが沈んだ時に各部位と干渉する恐れがありますので注意が必要です。

最近の投稿