無保険車傷害保険の恩恵とは

}PgžxQ自動車保険は自賠責保険と任意保険との分かれています。自賠責保険は強制加入なのですが、任意保険は利用していないドライバも少なからずいます。このような車両は無保険車と呼ばれており、事故が起こった際に問題となる車両です。無保険車は対人でも対物でも自賠責保険の範囲での補償となりますが、一般的に自賠責保険だけでは補償することはほぼ無理です。

 

無保険車は相手のことであり、自分は任意保険をかけているから大丈夫と安心する方が多いと思いますが、任意保険は相手からの一方的な損害には効果がないことがあります。自動車保険は相手への損害を補償します、そのため、無保険車の場合、補償が行われませんので被害者が自腹で治療費等を支払う必要があります。

 

これを防ぐためには無保険車との事故の際でも保険が適用される任意保険のオプションを設定することが重要です。年間数千円程度の支出になりますが、無保険車との事故の際に治療費等が一時的に支払われますので、治療や修理に専念することが出来ます。無保険車との補償等については、裁判が行われる事が多いのですが、その費用まで考慮に入れた自動車保険も販売されてきています。いざというときの安心を買うためにも保険の選定はとても重要です。

 

 

 

 

最近の投稿