未加入車との事故で搭乗者が死傷した場合について

}PgžxQ自動車事故は運転していればいつかは会うと言えるほど毎年多くの事故が発生しています。自動車事故で問題になってきているのが無保険車の事故です。無保険車は自賠責保険を掛けても任意保険が掛かっていない車両のことです。保険が無いために加害者が補償することが出来ず、被害者が自腹で治療費や修理費を出すことが問題になっています。

 

また、保険未加入車が事故を起した際に搭乗者から死傷者が出た場合にも治療費等が出せずに問題となっています。無保険車との事故の際、自衛のための保険オプションがサービスされてきています。無保険車との事故の場合、一時金として補償するもので、自腹で治療費等を出すことが無いため、喜ばれている保険オプションの一つです。実際には一時金なので足りない場合もあるようですが、それでも満足している加入者が多いようです。

 

 

加害者については保険以外に支払い能力があれば支払いますが、一般的には裁判までもつれることが多いようです。裁判は数ヶ月から数年かかることも珍しくないため、自動車保険のオプションで無保険車との事故の際の補償は重要であると考えられます。事故が起きると被害が多額になることが多いため、保険を選択する際は出来る限り万全な備えにしたいものです。

 

 

 

 

 

 

最近の投稿