メーカーオプションの金額について知ろう!

家族04マイカーを購入する時は、大抵の人が何らかのオプションをつけます。既にいろいろなオプションがついた中古を購入する場合は除いて、ドアバイザーやカーナビなど、数点は選ぶのが一般的です。多くの付属品が標準装備されている高級車でも、フロアマットやドアバイザーまでついていることはありませんので、やはり本体以外にオプション品の予算を見ておく必要があります。
付属品には大きくメーカーオプションとディーラーオプションがあります。ディーラーオプションは、ディーラーに届いてから取り付けられるもの、つまり後付けが可能なものです。それに対してメーカーオプションは、メーカーが出荷時に付属させるものであり、スライドドアやスマートキーなど、後から付けることはできないものばかりです。メーカーオプション価格はすべてカタログに明記されており、値引きはありません。予算が立てやすいといえるでしょう。
相対的にメーカーの純正品は高いですが、後からつけることができないことも考慮して慎重に決めましょう。いくつか欲しいオプションがあって、予算的に全部は無理ということであれば、後付けできるディーラーオプションより、メーカーオプションを優先するのが良いでしょう。グレードを下げて、オプションを充実させるという方法もあります。

最近の投稿