故意による事故における保険の扱いとは

}PgžxQ事故というのは予測できるものではありませんが、時々運転者が自ら起こすことがあります。例えば殺意持っていたり、保険金目当てだつたり、病気により運転を禁止されているにもかかわらず運転したり、飲酒・薬物などを摂取しながら運転したりといったケースです。

 
さて、この場合、故意におこした事故に自動車保険は適用されるのでしょうか。
結論から言いますと、適用されません。自動車保険には免責事由というものがあり、以下のケースでは保険金の支払いは認めないとしています。

 
保険契約者や記名被保険者が意識的に起こした場合、地震等の天災で起きた場合、戦争や暴動で起きた場合、契約の告知義務違反や通知義務違反を起こした場合、限定されている運転者以外が起こした場合です。これは各社自動車保険の約款でも記載されている通りです。

 
ただし、被害者に対しては基本的に自動車保険は使えると思って構わないようです。例えば対人賠償保険ですね。こちらはあくまでも被害者の救済として設けられている保険ですので、加入している以上は被害者が泣き寝入りするような事態になることはありません。
意識的に起こす方は多いわけではありませんが、運転には充分に注意しましょう。

 

 

 

 

 

 

最近の投稿