付加点数とは

基礎点数とはスピード違反や信号無視などの交通違反行為に付けられている点数のことであり、1点から35点まで決められています。付加点数とは交通事故を起こしたり、交通事故の措置義務違反したりした場合、基礎点数に上乗せで加算される点数のことを指しています。また、交通事故の措置義務違反としてあて逃げをするとさらに点数が加算されることになります。人身事故などを起こしてしまった場合、付加点数という行政処分だけでなく刑事処分が課せられることになるのですが、刑事処分の度合いは責任の重さや自己内容などによって変わってきます。交通事故において故意による事故や危険と認められる事故の場合、特に厳しい罰則が与えられます。また、人身事故によるひき逃げを行った場合、どんなに軽傷事故であっても特定違反行為に該当するため、基礎点数35点が付けられることになります。人身事故とは運転中に交通事故を起こし、相手に対してなんらかの被害を負わせた場合を指しています。刑事処分や行政処分において事故として記録されるのは人身事故のみであり、物損事故や自損事故などについては事故としての記録は残っても行政処分上は事故扱いされません。基礎点数と付加点数の仕組みについて詳しく知りたいという場合、インターネットで検索してみると良いでしょう。赤ちゃん14

最近の投稿