ハブボルトとは

小物03自動車の足回り関連のパーツの中にはハブボルトと呼ばれているパーツがあります。安全に走行させるためには非常に重要なパーツとして知られており、その名称通りにハブの裏側から固定されているボルトになり、通常では4本から6本程度のボルトが設置されていることになります。ハブボルトの役割はホイールを固定する際に必要としているもので、タイヤをボディに装着させる際には欠かせないパーツです。逆にホイールをボディから外した場合では、ハブボルトがナット数に合わせて飛び出している状態を確認することができます。このパーツは走行状として破損などを起こしてしまった場合では、かなり危険な状態に陥ることから、強靭な素材で作られていることになりますが、タイヤ交換などを行う際にナットを強い力で締め付け過ぎてしまった場合では、破損させてしまう可能性が高くなるので注意が必要です。また、人によってはスペーサーなどを設置している場合も見られますが、用いるスペーサーの厚みによってはハブボルトの溝が不足してしまうことがあります。このケースでは長いネジ山を持っているハブボルトに交換することが必要とされていて、必ず適合しているものを使う方法で安全に走行させることができます。

最近の投稿