相手の保険では損害賠償額に足りない場合の不足分と補償

}PgžxQ無保険車傷害保険は、その名が示す通り、事故の相手方が自動車保険に加入していなかった場合に、被害に遭っても十分な補償を受けることができないという事態を回避するため、あらかじめ加入して備えておくための保険です。保険金は、こうした無保険車との事故により被害があったときに、自身が加入している無保険車傷害保険のほうから支払われます。

 

上記のような無保険車との事故のほかに、相手方が自動車保険に加入していた場合であっても、保険約款上の運転者などの条件を満たさないために結果として保険金が支払われなかったり、または保険金として支払われる上限額が低く設定されていたために実際の被害よりも大幅に少ない補償しか受けられないといった場合も存在します。

 
このような場合も、実は無保険車傷害保険の補償対象となっており、法的に妥当とされる損害賠償額を見積もった上で、相手から支払われた保険金の不足分に相当する額が、無保険車傷害保険のほうから支払われることになります。
ただし、この無保険車傷害保険は、死亡、後遺障害といった人身上の重大事故についてのみが補償対象となっており、単に車両が傷つけられたなどの物の損害については対象外となっていますので、契約の際には注意しておく必要があります。

 

 

 

 

 

最近の投稿