センターキャップとは

窓アルミホイールなどを自動車に履かせている場面が見られますが、アルミホイールには種類によってセンターキャップが用意されていることがあります。センターキャップとはその名の通りに中心部に設置されているキャップになり、ベアリング部分を保護するための設置されていることが一般的ですが、現在ではファッション的な意味合いで付けられているタイプを多く見ることができます。アルミホイールを取り付けするためのナット部分の内側中央に取り付けられているタイプでは、メーカーやブランドのロゴなどが入れられているタイプが多い傾向にあります。また、アルミホイールによってはナット部分を全て隠すように取り付けられているセンターキャップも多く存在していて、このタイプの場合ではバネ式などによって反動を付けて取り付けを行うタイプと、専用のナットを用いて取り付けを行うタイプに分かれています。ナットでの取り付けタイプの場合では比較的高級なアルミホイールに設定されていることも多く、中には専用の工具でしか取り付けができないタイプもあり、この場合では防犯性が高いといえます。センターキャップは樹脂製で作られていることも多く、アルミホイール全体のデザインとマッチしていることも一般的です。

最近の投稿