未分類

窓アルミホイールなどを自動車に履かせている場面が見られますが、アルミホイールには種類によってセンターキャップが用意されていることがあります。センターキャップとはその名の通りに中心部に設置されているキャップになり、ベアリング部分を保護するための設置されていることが一般的ですが、現在ではファッション的な意味合いで付けられているタイプを多く見ることができます。アルミホイールを取り付けするためのナット部分の内側中央に取り付けられているタイプでは、メーカーやブランドのロゴなどが入れられているタイプが多い傾向にあります。また、アルミホイールによってはナット部分を全て隠すように取り付けられているセンターキャップも多く存在していて、このタイプの場合ではバネ式などによって反動を付けて取り付けを行うタイプと、専用のナットを用いて取り付けを行うタイプに分かれています。ナットでの取り付けタイプの場合では比較的高級なアルミホイールに設定されていることも多く、中には専用の工具でしか取り付けができないタイプもあり、この場合では防犯性が高いといえます。センターキャップは樹脂製で作られていることも多く、アルミホイール全体のデザインとマッチしていることも一般的です。

小物03自動車の足回り関連のパーツの中にはハブボルトと呼ばれているパーツがあります。安全に走行させるためには非常に重要なパーツとして知られており、その名称通りにハブの裏側から固定されているボルトになり、通常では4本から6本程度のボルトが設置されていることになります。ハブボルトの役割はホイールを固定する際に必要としているもので、タイヤをボディに装着させる際には欠かせないパーツです。逆にホイールをボディから外した場合では、ハブボルトがナット数に合わせて飛び出している状態を確認することができます。このパーツは走行状として破損などを起こしてしまった場合では、かなり危険な状態に陥ることから、強靭な素材で作られていることになりますが、タイヤ交換などを行う際にナットを強い力で締め付け過ぎてしまった場合では、破損させてしまう可能性が高くなるので注意が必要です。また、人によってはスペーサーなどを設置している場合も見られますが、用いるスペーサーの厚みによってはハブボルトの溝が不足してしまうことがあります。このケースでは長いネジ山を持っているハブボルトに交換することが必要とされていて、必ず適合しているものを使う方法で安全に走行させることができます。

小物02

タイヤホイールはタイヤを守っているもので、運転をする上に於いてとても重要なものです。しかし一般的にはあまり詳しくは知られていないことが多く、用語も難しいものがあります。そんな中で特に重要なものが「ホイールバランス」と「ホイールマッチング」になります。

ホイールバランスとは、タイヤホイールにタイヤを装着した状態で回転した場合の遠心力などのバランスのことです。バランスが悪いとタイヤが真円で回転できなくなりますので、実際に走行したときに、ボディーやステアリングを通して自分の体にも伝わって運転しにくくなります。この場合には、ホイールバランスを調整して正常に戻してもらうことができます。また実際に走行す前に測定器で測ってもらう方法もあります。

ホイールマッチングは、自分の自動車にぴったりのサイズのタイヤホイールを合わせることです。インチ数といった外径のサイズだけでなく、フェンダー干渉やブレーキ干渉やハブ径などの、いろいろな問題をクリアした上で、自分のクルマに最適のサイズを見つけ出すことになります。

その他にも、タイヤの幅に対するホイール外形から、タイヤ外形までの高さの比率を表す「タイヤ扁平率」などの用語がよく使われています。

小物01普段雪の降らない地方でも、突然予期しない積雪に見舞われて運転に支障をきたすことがあります。突然の積雪に見舞われても、いざというときのために雪道用タイヤチェーンを常にトランクに積んでおくと安心です。
雪道でタイヤが滑る仕組みは、道路に積もった雪とタイヤの間に水の層ができるためです。雪用のスタッドレスタイヤは溝が多く、この水を効率よく排水できるようになっていますので、雪道でも滑らずに走ることができます。しかし積雪することなどほとんどない地方の方は、スタッドレスタイヤを持っている方の方が少ないでしょう。ノーマルタイヤに雪道用タイヤチェーンを装着するとスリップしなくなるのは、道路の雪とタイヤの間に溝を作って排水しやすくするためです。
雪道用タイヤチェーンを装着する場合、必ず自分の車の駆動輪に装着してください。FFなら前輪に、FRなら後輪にチェーンを巻かないと、推進力が伝わらないからです。4WDの場合はどうしたらいいのでしょう。その場合もベースの駆動方式がFFなのかFRなのかで違いますが、取扱説明書に必ず前輪・後輪どちらのタイヤに装着したらいいのか明記してありますので、落ち着いて通行の邪魔にならない安全な場所で装着しましょう。

花瓶02インチアップとは、タイヤの外径の大きさを変えないでホイールの径だけを大きくすることです。タイヤの扁平率を小さくすればホイールは大きくなりますが、サイドウォールが薄くなって外径を合わせることができます。外径の大きさが変わってしまうとスピードメーターの作動がおかしくなったり、乗った時のバランスも悪いです。タイヤがフェンダーから飛び出すような極端なインチアップは車検に通りません。飛び出していなくてもハンドルを切ってタイヤハウスに影響が出る時も不合格になります。インチアップをすると印象が大きく変わって格好よくなります。普通とは違う外観で、タイヤの扁平率が小さいと曲がった時にタイヤが変形しにくくなり、グリップ力が高いです。一方で、タイヤの幅が大きくなるので燃費が悪いです。また目立つ外観で、安いロックナットを使うと知識や技術のある犯罪者に盗難されることがあります。通常は1インチアップくらいなら問題ありません。2インチアップにも対応するものがありますが、それ以上は適さないものがあります。メーカーのホームページでサイズの程度を検索できるサービスを行っていることがあるので、実際にタイヤに施す前に確認します。

花瓶01ホイール・アラインメントとは、ホイールの取り付け角度を適正な位置にそろえることです。ホイール・アラインメントは、“走る・曲がる・止まる”というドライビングの基本性能を左右する重要なもので、専門のメカニックによって設定・調整・変更がされています。ホイール・アラインメントはフロンホイールのみならず、リアホイールも関係しますが、特に操舵に関連付けられることが多いため、一般的にはフロントホイールのみについて言及されます。ホイール・アラインメントを構成する要素は、以下の4つがあります。
■トーイン・・・フロントホイールは、走行中に路面からの抵抗と推進力によって、その前方が外側へ拡がろうとします。これを防ぐために、フロントホイールの前方の間隔を後方よりも狭くしておきます。これをトーンインと言います。
■キャンバー・・・フロンホイールは、車両の重量のためにその下方が外側へ拡がろうとします。これを防ぐためにホイールの下方の間隔を上方の間隔より狭くしておきます。これをキャンバーと言います。
■キャスター・・・フロントホイールは、走行中の抵抗を全てその中心接地点で受けます。これによって進行方向が狂わないようにキングピンの中心線を側面から見て後方に傾けておきます。これをキャスターと言います。
■キングピン角・・・正面から見た時のキングピン軸の傾きのことです。上部が内側に傾けて取り付けられます。キングピン軸とは操舵の回転軸のことです(現在は主にボールジョイントがその役割を担います)。
ホイール・アラインメントは、ある程度大きな事故の時には大幅に狂いますが、ホイールの溝落ちなどでも多かれ少なかれ狂いが生じます。

椅子と観葉植物ホイールバランスは、タイヤを装着した状態の時のホイールの重さのバランスの事で、高速回転しているタイヤとホイールの重心が中心にくるように調整します。
タイヤやホイールは、精密には真円ではなくアンバランスな状態で、タイヤとホイールを組み付けただけで走行すると、ホイールの回転時に遠心力が発生し、高速走行時などでハンドルが回転方向に継続的に振動するシミー現象や、特定の速度で低周波振動が発生してハンドルや車体などに異常振動や異音が起こるシェイク現象や、タイヤの異常摩耗などが起こり危険を伴います。
ホイールバランスの調整方法は、ホイールバランサーという専用の機械で測定し、バランスウェイトという錘をホイールに取り付けて、ホイール重量のアンバランスな状態を打ち消しながら修正します。
バランスウェイトは、ホイールのリムフランジに金具で取り付ける打込み式と、両面テープなどで装着する貼付け式があり、ホイールのデザインなどによって使い分けます。
ホイールバランスは、新品のタイヤ交換時は調整されていますが、タイヤの摩耗などによって少しずつバランスが崩れていきますので、異常振動や異音、タイヤの編摩耗などの症状が起きた場合はホイールバランス調整も視野に入れる必要があります。

椅子と絵画と花ホイールに表示されているオフセットは、2008年7月11日から国際基準に基づいて名称が変更になり、インセット、ゼロセット、アウトセットの3種類の名称で使い分けて呼ぶようになり、現在オフセットという言葉は使われていない状況です。
インセット、ゼロセット、アウトセットは、リム幅側から見たホイールの中心線とディスク内面との距離を表していて、単位はmmで表示されています。
ホイールの取り付け面が中心線よりも外側にあればインセットと呼び、ホイールの取り付け面が中心線上であればゼロセットと呼び、ホイールの取り付け面が中心線よりも内側にあればアウトセットと呼びます。
クルマの種類によってインセット、ゼロセット、アウトセットの量が定められていますが、ある程度の許容範囲があり、インセットの数値が増えるとホイールは内側に移動し、アウトセットの数値が増えるとホイールは外側に移動しますが、インセットが大きくなるとサスペンションなどとの干渉や、ハンドルを切った時に内側と干渉する恐れがあり、アウトセットが大きくなるとフェンダー部に干渉して車検に適合しなくなります。
また、停止状態でどの部位とも干渉しなくても走行状態によってサスペンションが沈んだ時に各部位と干渉する恐れがありますので注意が必要です。

椅子03車に用いられているホイールに関しては、現在ではアルミホイールを利用する方が増えています。ノーマルの場合ではスチール製のタイプが多く、それなりに重量がありますが、アルミ製の場合では軽量化を行うことができ、用いることで操縦性能が高まることや燃費を改善させる役割があります。しかし、ドレスアップなどを行う目的でインチアップをしたアルミホイールを用いる場合では、重量が重たくなる可能性があり、現在ではファッション目的として利用される方が多い傾向にあります。アルミホイールの種類に関しては鋳造と鍛造に分けることができ、一般的には鍛造の方が強度が高いとされています。構造上の違いに関しては1ピースや2ピース、3ピースに分けることができ、1ピースは全てが一体化しているものになり、2ピースではリム部分とディスク部分を溶接しているタイプ、3ピースでは表裏のリムとディスクをそれぞれボルトで留めているタイプが用いられています。アルミホイールのサイズ表記に関しては、先頭からインチ数、リム幅、ナットの穴の数とナットとナットの間の直径、最後にオフセットの順番になることが基本で、インチアップとして交換を行う際にも穴の数やナット間の直径、オフセットなどは基本的には変更できないことになります。

椅子02近年では、タイヤ・ホイールのカスタマイズが流行っています。タイヤをカスタマイズする事で、いつもとはまた違った愛車を運転することが楽しみという人も多くいます。ほとんどの人がインチアップを目的としてかっこよさを求めます。また、インチアップをすることでタイヤの面積が狭くなりホイールは大きく見えます。ホイールにはいろいろな種類があり、ちょっと見たことのないものや変わったものがいい人はお店をハシゴして見比べて見てもいいと言えます。しかし、インチアップにも難点があります。カスタマイズして楽しめるのは多くのドライバーにとっていいのですが、ドライブをしたりとか、平面ではない場所を通るのが多かったりとかする場合には少し注意が必要です。なぜなら、インチアップ後は小石や段差にはあまり向かず、段差などを越えるたびに乗っている人たちはその衝撃を受けるからです。見た目はよくても座り心地や快適さを重視している人には不向きです。また、タイヤが重くなったり重量が増えたりする事からドライバーの人もそういった点を考えることが必要です。乗っている人も運転する人もお互い快適に過ごせるような改造ができるのがドライバーにとって一番理想なのではないでしょうか。

最近の投稿