保険金が支払われないケースについて

ダイニング01自動車保険はすべての事故について補償されるわけではなく、契約の種類に応じて保険金の支払い対象になるケースとならないケースとに分かれますので注意が必要です。どのケースが該当するのかは、契約時に配布される保険のしおりや約款に詳しく明記されています。特に、自動車事故によってケガを負うといった被害があった場合には、せっかく支払い請求をしても、約款によって支払われないことも往々にしてあります。

 
例えば、自賠責保険の場合には、すべてのドライバーに広く薄く負担を求めて最低限の被害者救済を図るのが趣旨ですので、事故によるケガが原因で後遺障害が残るようなケースでは、最高4,000万円の手厚い補償が受けられます。いっぽう、後遺障害がなく、通常のケガが完治したような場合には、120万円が限度額として定められており、入院料などでたとえこれを上回るような出費があったとしても、原則として120万円を超えて支払われることはありません。

 
また、任意の自動車保険のなかでも無保険車傷害保険と呼ばれるものは、事故の相手が自動車保険に加入しておらず十分な補償が受けられない場合に対応したものですので、死亡や後遺障害のみに適用され、完治するケガについては支払い対象から外されています。このようなケースでは、結果として自賠責保険の120万円しか補償が受けられないことになります。

 

 

 

 

 

最近の投稿