当て逃げなどで相手が不明の場合の補償について

自動車による対人事故では、事故の被害者が加害者側が加入している自動車保険から損害賠償を受けることが出来ますが、例えば、ひき逃げや当て逃げといった事故の場合、被害者は基本的に一切補償を受けることが出来なくなります。
なぜなら、この場合、事故の加害者が逮捕されない限りは身元不明のため、本来、保険金を請求できるはずの自動車保険が存在しなくなってしまうからです。

 
このように加害者が身元不明の場合は事故の被害者であるにも関わらず、なんの補償も受けることが出来ずに泣き寝入りをしなければいけないというケースは少なくありません。
こうしたケースに対応するために、昨今では自動車保険の中に無保険車傷害保険と呼ばれているものがあります。
これは保険に入っていない車による事故に巻き込まれて、後遺障害をおったり、最悪死亡してしまった場合に、加害者に代わって保険会社から所定の保険金が支払われるというものです。

 

また加害者が対人賠償保険に加入していても、保険契約上の年齢条件などで保険金を支払うことが出来ない場合や、保険金の金額が損害賠償額に満たない場合でも支払い対象となります。
この保険に入っていれば、加害者が不明の事故でも被害者は補償を受けることが出来るのです。

 

 

 

 

 

最近の投稿