2016年 4月

椅子01日頃から、通勤や買い物、家族の送り迎えといった形で、頻繁に車の運転している人でも、レジャーで遠出する際には注意する必要があります。というのも運転し慣れているため、ついつい慎重さがなくなり、注意力が散漫になるケースが少なくないからです。しかも長時間のドライブというのは、運転に慣れた人でも疲れを感じたり、眠くなる等してついつい集中力を失いがちだったりします。運転初心者だとそういった疲労感に敏感なので、怖くなって直ぐに休憩して休むケースが多いです。
ですが日頃から運転し慣れている人は、そういった状態でも平気だと思い込んで、休みを取らずに運転し続けてしまう事が少なくありません。その結果、思わぬ形で事故を起こすケースもあるので、自分の運転技術を過信せずに、疲労を覚えたら直ぐに休む必要があるのです。
特に高速道路では、疲労や眠気による注意力の散漫さが、事故に繋がる危険性が高いので、注意が必要です。特に運転中には、電工標示板に表示される事故車有といったメッセージを、見逃さない様にする必要があります。それを見逃してしまうと、事故車として停車している車に追突したり、車から降りた人を見落として轢いてしまう可能性が高くなります。

ベッド

片側の車線が2車線以上ある場合には、どこを走れば良いのか迷ってしまいます。周りに何もない道路であれば、どの車線を走っても、それほど違いはりませんが、街の中の道路を走る場合には左車線や右車線を走っていると、右左折をする車によって停止させられてしまうことが多くなります。

片側が3車線ある場合、特に何もないようであれば中央車線を走るのが最もスムーズに運転をすることができます。また左車線を走っているとバイクなどの走行がありますので、事故に遭う確率としても高くなりますので注意が必要になります。

もしも片側2車線の場合には基本的には右車線の方がスムーズに運転をすることができます。普段慣れている道路の場合には右折で混む交差点の手前で左車線に車線変更をして混雑を回避すると良いでしょう。右側通行は路上駐車の車に妨げられることも少ないので良いです。

ただし知らない道路の場合、右側通行をしている際に右折の車の渋滞に巻き込まれてしまうと厄介になりますので、知らない道路の場合には左車線を走行している方が無難になるでしょう。

また右側通行をしている場合には標識などで右折専用車線があるかどうかをチェックすると、あらかじめ回避することもできますので、チェックするようにしてください。

}PgžxQ車を運転していると道路に障害物がある時があります。それは駐車している車であったり、自転車であったり、物であったりします。このよう物がある場合には、どのように避けて走行したらよいのでしょうか。これからその方法について紹介します。
運転している時に障害物があると、初心者の場合、ドキドキしてしまうのではないでしょうか。しかし、まず見つけたら、避ける必要があるということを認識し運転しましょう。避ける場合には、右ウィンカーを出して周りの車に合図をしましょう。そして避けていきます。ハンドルさばきですが、直線を走ってるかのように、あまり回さない方が良いとされています。ハンドルの操作量は少なくしましょう。また、駐車している車を避ける場合には、突然ドアが開く危険性があるので、ドア1枚分は距離をとって走行すると安全です。片側1車線の場合には対向車線に少しはみ出る必要があります。対向車線のドライバーも障害物を認識しているので、お互い譲り合って走行することになりますが、衝突しないように、スピードを調節して走行しましょう。なお、どうしても走行しながら避けられない場合には、停車して安全を確認してから避けるのもよいでしょう。

赤ちゃん21

車線変更というものは、ベテランになってもなかなか慣れないものです。しかも、街中の運転でも遠出でも、避けて通ることはできません。
それこそ見渡す限りどこにも車がいないほどの状況ならどこを走ったとしてもそれほど問題はありませんが、そういった状況は少ないでしょう。ではどこを選んで走ったらいいのか。選び方についてはいくつかコツとポイントがありますので、それをお話します。
まず大前提として、片側に3つ以上ある場合は、中央を走りましょう。2つの場合は、基本的には右側のが流れの良いことが多いのですが、慣れない道では右折車、及び右折レーンの有無によって、交差点で前を塞がれる場合があります。左端は路上駐車などの障害物があって流れが悪くなりがちだったり、バイクや自転車などの通行がありその動きに合わせて注意をしなければなりませんが、それでも知らない道を走る際には左側をゆっくり走ることもありかもしれません。
また、右側には交差点前だけの右折専用レーンが増設されるところが多いですが、時々、右端がそのまま右折専用になってしまうことがあります。大抵は事前に標識や道路上のペイントなどで通知がありますので、気づいたら早めに左側に移動しましょう。

赤ちゃん20交通事故で、後ろに子供がいたのに気付かずバックした。ミラーを見て何もないと思ってバックしたら溝で落ちた。通り過ぎる人に気が付かなかった等、前方だけではなく、後方にも危険がいっぱいの自動車の運転。そんな不注意で起こる事故を起こしてしまい、後悔してしまうことがあります。
時には人の命さえ奪う重大な事故につながる不注意。どのようにしたら未然に防げるか。それは、運転手が常日頃から確実な確認作業を習慣にしておくことが大事です。
①乗る前に、車の後ろや周りに人がいないか,物が置かれてないか、落ちてないかの確認。
②乗ってすぐ、もう一度ミラーと窓を開けて、目視で後ろに何か来たり、周りにいないかの確認。
③バックを始めながら、ミラーと窓を開けて目視で確認。
どんなに確認を行っても100%とはいかないかもしれませんが、少なくとも行わないといけない確認です。
誰でもきちんと行っていそうで全てを行っていないから事故は起こります。
特に、窓を開けていれば、子供が走ってきたり自転車が来るなどは、音でも確認できますし、周りに人や車等がいるかを先に確認しておけば、乗車した後も、その人や車等が来るかもしれないと注意を払うようになります。
急いでいたから。と、不注意になることや、誰も来るわけないから。などと思いこんでいると、大ごとになりますので、確認作業は確実に習慣づけて行うようにすることが大事です。

赤ちゃん19自動車の性能は年々向上していますが、毎日全国で交通事故が起きています。わき見運転など注意力の散漫や、スピードを出し過ぎすぎていることが原因です。特に高速道路や街中で発生しやすいのが、衝突事故です。うっかり前方の車に衝突しないよう、運転上の注意点を確認しておきましょう。衝突を避けるには、速度に合った車間距離を保つことが大切です。スピードを出していれば出しているほど、車が停車するまで時間がかかります。スピードを出して走行している時に前の車が急ブレーキを踏むと、止まりきれずに衝突してしまいます。それを避けるためには、適切な車間距離を維持することが必要なのです。目安として、速度から15を引いた数字が車間距離となります。60キロで走行している場合は45メートル車間距離を保てば良いでしょう。また、高速道路などで80キロ以上の速度で走っているときは、そのままの数字が車間距離となります。雨が降っているときなど、路面状況が悪い時には、より長い距離を取る必要があります。また、車線変更の時にも速度に応じた車間距離を取ることが大切です。ゆっくり走行している車の中に、スピードを出して入ると前の車に衝突してしまいます。

赤ちゃん18

一般道と高速道路では基本的に交通ルールが違うという事を念頭に置きます。
その上で、車間距離には覚え易い方式があります。
一般道は、制限時速マイナス15キロ、高速道路では時速と同じ。100キロなら100キロ、時速80キロなら80キロという方式です。
運転中に迷ったり、分からなくなったら、難しく考えず、前の車のナンバ―プレートが読めない程度、と考えても良いでしょう。
勿論、渋滞時や大雨等の天候、タイヤの摩耗状態によって臨機応変に対応する事は言うまでもありません。
高速道路には車間が分かり易い様に、一定の間隔でポールや標識が設置されているので、それを参考にしても良いでしょう。
何より大切な事は、心に余裕を持ち、ゆとりある運転をする事です。
前方の車が急停車しても、ぶつからないで止まれる車間、という漠然とした覚え方では、実際に運転しても感覚が分からないので、予め、先に述べた方式を参考にして、初心者の方は少し多めに車間を取る事をお勧めします。
割り込まれてもイライラしない。安全で楽しいドライブの為に、最も基本となる前方の注意義務を徹底する運転技術を実につけましょう。運転は慣れだと言われますが、良い習慣を身に着ける事が理想です。

赤ちゃん17高速道路と同じ様に一般道路にも最低速度の規制があります。
ただただゆっくり走れば事故を起こさないのかと言えばそうではありません。前後左右の安全を確かめて流れに沿って走行するのが一番の安全運転と言えます。
例えば、自分の車だけが流れに逆らう様に走り続ければ車線が多いところなら未だしも、もし一車線の道であれば渋滞を引き起こしかねません。そうすると必然的にイライラが起こります。そして、その為に事故を誘発してしまう事も考えられます。また、前の信号が黄色に変わったからといって確認することもなく急ブレーキを踏んでしまう事も事故に繋がります。
注意信号は、必ず周囲をきちんと確かめた上で止まる、止まらないの判断をしましょう。後続車が勢いあまってぶつかると言う事故を回避する為にも気をつけたい所です。
そして、速度が遅い場合は、左側の車線を走りましょう。
場所が解らない時や車の具合がおかしい時には走行せず、ハザードを点滅させて止まる事も必要だと言えます。先ずは、自分の車の状態を周囲に知らせると言う事で交通トラブルが予防出来ると言う事を忘れてはなりません。
道路は自分一人で走っているのでは無いと言う事をしっかりと認識し、周囲の状況に適合した運転を心掛ける事が一番の安全策だと言えるでしょう。

赤ちゃん16自動車の性能は年々良くなっているにも関わらず、毎年多くの交通事故が発生しています。その原因は、スピードの出し過ぎや、気持ちに余裕がなかったことなどが挙げられます。家から一歩外に出れば、たくさんのドライバーがいます。それぞれタイミングの捉え方も違えば、性格も運転の目的も違います。例えば仕事に向かう途中急いでいて、車線変更しようとスピードを上げたところ、前方の信号が変わり、前の車に追突してしまったという事故はたくさんあります。そこで大切なのが、走行速度に合った車間距離を保つことです。前の車が急に止まった時、距離が近いとブレーキを踏んでも間に合わないだけでなく、後続車も巻き込む玉突き事故になってしまいます。スピードが出ていれば出ているほど、車が止まるまで時間がかかるため、その分車間距離も広く取らなければなりません。目安として、速度から15を引きます。60キロで走っていれば、45メートルが適切な車間距離となります。また、高速道路などで80キロ以上スピードを出す場合は、その数字がそのまま目安となるので、この場合は80メートルとなります。雨や雪など、路面状況が悪い時は、さらに距離を長めに取る必要があります。

赤ちゃん15高校を卒業してからすぐに自動車免許を取得したという人も多いと思います。自分で運転して遠くへ行けるというのは楽しいものですし、便利なことです。しかし、自動車は一歩間違えれば事故を引き起こす道具になりかねないということを忘れてはいけません。特に普段走行することの多い一般道路は自転車や歩行者など、高速道路には存在しない注意対象が大勢いますから、そのことを常に頭に入れておきましょう。一般道路を走る上での運転テクニックとして重要なことは、常に状況を把握しながら走ることです。ハンドルさばきや駐車が一度で決められるといったことはさほど重要ではありません。一般道なので道幅の広さも異なりますし、住宅街なのか国道などの大きな道なのかといった点でも運転の仕方は変わってきます。スピードの出し過ぎは禁物ですが、国道ならある程度加速しないと流れに乗り遅れて迷惑になりますし、住宅街ではいつも誰かが飛び出してくるかもしれないといった予測を立てながら慎重に走ることが求められます。標識や信号も多く、キャッチしなければならない情報がとても多いのでつねに集中していることが求められます。歩行者や自転車、他の車への思いやりをみせるのも運転するうえで大切なことです。

最近の投稿